’これは単なる桜の樹に関する本ではなく、戦争、和解、といった深いテーマを含む本だ’

英サンデータイムズ紙  

’注目すべき本。ガーデニングや歴史に興味を持つ読者への贈り物だ’

 英フィナンシャル・タイムズ紙

‘生き生きとした魅力あふれる本。読後は、桜を見る目が一変する’

英ガーディアン紙

2024年4月に新著が刊行されます。

阿部菜穂子について

国際基督教大学卒業毎日新聞記者を経てジャーナリストノンフィクション作家。毎日新聞では初の女性政治記者として活躍したほか、社会部・外信部にも在籍し内外のニュースを幅広くカバーした。1990年ワシントンで開かれた世界女性ジャーナリスト会議に日本代表として出席。2001年8月からイギリス・ロンドン在住。

最新のブログポスト

  • オックスフォード大学で講演
    阿部菜穂子が1月25日、オックスフォード大学歴史自然博物館で’チェリー・イングラムとその遺産’と題して講演しました。同大植物園主催の冬季講座の初回として行われたもので、150人が出席、盛況のうちに終了しました。 &nbs …

    オックスフォード大学で講演 もっと読む »

  • ★2022年7-9月
    ★2022年7-9月 「チェリー・イングラム」が残した桜の伝統は、英国内で確実に根を張り、発展し続けています。 英国東部のサフォーク州で、この夏「サフォークの桜」イベントが開かれました。 イベントは桜の絵画展と、桜を利用 …

    ★2022年7-9月 もっと読む »

  • ★2022年4月
    阿部菜穂子が4月9日、南ウェールズの「ゴールデン・グローブ」で開かれた桜植樹式に参加しました。英国在住の日本人グループによってスタートした「桜プロジェクト」の一環で行われたもので、ゴールデン・グローブは20本の桜を受け取 …

    ★2022年4月 もっと読む »

上部へスクロール